パーキンソン病を自然に和らげる 管理人のブログ

パーキンソン病 薬に依存せず自然に和らげる 管理人のブログです。パーキンソン病に関するお役立ち情報などを書いていきますね。

Lードーパとドパミンアゴニスト以外の薬について

   

018

この2つ以外で現在使われている薬として以下のものがあります。

・モノアミン酸化酵素B阻害薬
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051740.pdf
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00053454.pdf

・塩酸アマンタジン
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00062455.pdf

・抗コリン薬
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E8%96%AC

モノアミン酸化酵素B阻害薬にはセレギリンがありますが、Lードーパの作用を増強させてしまう作用があるため注意が必要な薬です。

他にもセレギリンは抗うつ薬との組み合わせを禁止していて、最大で2週間ほど薬の服用間隔を開ける必要があります。

塩酸アマンタジンはジスキネジア抑制する作用があります。

抗コリン薬は筋肉の収縮と弛緩が繰り返された場合に起こる、不随意のリズミカル運動(振戦)の抑制効果がとても高いです。しかし認知機能の低下が起こってしまう確率が高くなってしまうため、振戦が強く表れる場合のみに使用されます。

 - パーキンソン病のそこが知りたい