パーキンソン病を自然に和らげる 管理人のブログ

パーキンソン病 薬に依存せず自然に和らげる 管理人のブログです。パーキンソン病に関するお役立ち情報などを書いていきますね。

薬って1日何錠まで飲んでも大丈夫なの?

   

066

まずL-ドーパですが、1日あたり8錠までです。基本的には2錠から4錠が望ましいのですが、飲んでも改善されないようでしたら、薬を増やしても大丈夫か主治医と相談してみましょう。

次に手指の振るえや筋肉のこわばりなどを改善させるアーテンですが、1日に3錠までです。これ以上は飲んでも効果がなく副作用が増えるだけですので3錠より多く飲まないようにしましょう。

ドパミンの量を増やすシンメトレルは、50mgを1日3錠までです。

すくみ足や立ちくらみなどの症状を改善させるドプスは100mgの錠剤で1日3錠から9錠まで。200mgの錠剤なら1日3錠までです。

ドパミンアゴニストのドミンは1日3錠から9錠まで、パーロデルは1日2錠から9錠まで。ペルマックスなら50μgで1錠から5錠までで250μgの錠剤で1日3錠から9錠です。

どの薬にも言えることなのですが飲みすぎは逆効果です。用量を越えて飲むことは止めてください。

 

 - 薬の種類と治療