パーキンソン病を自然に和らげる 管理人のブログ

パーキンソン病 薬に依存せず自然に和らげる 管理人のブログです。パーキンソン病に関するお役立ち情報などを書いていきますね。

L-ドーパとビタミンBとの関係性について

   

080

ビタミン剤の中に、ビタミンB6が含まれているものがあります。本来、L-ドーパをそのまま飲むと、ドーパ脱炭酵酵素によってかなりの割合でドーパミンに代謝されてしまいます。

ビタミンB6は、このドーパ脱炭酵酵素の働きを強めます。それにより、ドーパミンへの代謝を盛んにするため、脳に行くドーパが減少し薬の効果が悪くなります。

ですので、ビタミンB6を止めればL-ドーパの効きも良くなります。ちなみに、DCI配合剤を使用している場合は、この限りではありません。

 - 薬の種類と治療