パーキンソン病を自然に和らげる 管理人のブログ

パーキンソン病 薬に依存せず自然に和らげる 管理人のブログです。パーキンソン病に関するお役立ち情報などを書いていきますね。

若年性パーキンソン病とは

   

086

若年性パーキンソン病とは、40歳以下で発症した人のことをそう呼んでいます。一般的な普通のパーキンソン病との違いはないとされていますが、全く違うとも言い切れません。ですが、症状がよく似ているのは間違いないため、40歳以下で発症した人に対して区別するためにつけられています。

50代以降で発症した人は、パーキンソン病の症状と加齢による神経の変化が重なった状態と同じような症状が現れます。物忘れの症状が出てくるのもこの年代からです。

60代以降になってくると、痴呆症のような症状も現れてきます。若年性の場合、このような加齢による症状が出たり、これらの合併症がでることはありません。純粋にドパミン不足による症状の表れのみが出てきます。

関係性として家族性に人に対して出る場合が気持ち多いようです。遺伝子に異常があって起こる家族性ですが、家族性パーキンソン病は20代で発症することが多く、普通のパーキンソン病と同様に黒質に障害があります。

もちろんL-ドーパも効きますので治療法は一緒です。

 - パーキンソン病のそこが知りたい