パーキンソン病 原因

パーキンソン病の原因とは?

 

原因についてですが、
脳の神経細胞の変性によると言われていますが、
原因は現在も不明です。

 

ですが、詳しいことが少しずつ解明されています。

 

脳の病理学的変化では、
中脳の黒質ドーパミン性神経細胞の変性が
現在確認されています。

 

ドーパミン性神経細胞の変性により、
神経伝達物質であるドーパミンが減少し、
特徴的な症状が現れてきます。

 

そもそもパーキンソン病は治らない?

 

完治は難しいとされていますが
遺伝子治療や幹細胞移植などの研究が
着々と進んでいるのは事実です。

 

今のところ完治は難しいとされています。

 

難しいですが現在では、
世界中に優秀な研究者たちが先を争っています。

 

お互いに研究と開発を行ってくれています。

 

もちろん私たち日本にも
たくさんの優秀な研究者が存在しています。

 

世界的にも研究成果をあげています。

 

近年において最も注目されているのが、
遺伝子治療や幹細胞移植によって
ドーパミンの産生を高める治療法だと思います。

 

私はこれによって完治できる日も
そう遠くはない!と強い希望を抱いています。

私が実践している治療法です



自宅で効果的なケアを行っていく事ができ、
治療院と同じような効果が期待できます。

⇒ 薬に依存せず自然に和らげる方法