パーキンソン病 ガイドライン

パーキンソン病のガイドラインについて

 

年齢や認知障害の有無で治療法が異なってきます。

 

パーキンソン病と診断された場合に、
患者さんの年齢によって治療方針が異なります。

 

これはパーキンソン病のガイドラインにも定められているので、
医師の指示に従って治療を行いましょう。

 

パーキンソン病治療ガイドライン2011
https://www.neurology-jp.org/guidelinem/parkinson.html

 

まず高齢者の場合ですが、
70歳以上で認知障害がない人の場合は
ドパミンアゴニストという治療薬から使い始めます。

 

これをしばらく飲み続けていっても
症状の改善が不十分な場合は
Lードーパという治療薬も併用していきます。

 

さらに70歳以上の人、
または認知障害がみられる人は
Lードーパから開始していき症状の改善が不十分だった場合
ドパミンアゴニストも併用していきます。

 

パーキンソン病になると、
運動機能が低下してしまいます。

 

そのため体を動かさなくなって、
筋肉量が低下してしまうと運動機能が加速的に
低下してしまう可能性があります。

 

そうならないためにも運動療法をしながら、
以前と同様の生活が送れるように心がけましょう。

 

主治医を探そう

 

 

パーキンソン病は前述のとおり、
運動機能だけでなく自律神経機能や精神的な症状も
併発してしまいます。

 

ですので患者さんの症状に応じて、
適切な治療と心と体のケアも行う必要があります。

 

一般的には治療が長期化するため、
家族や仕事のことなど様々な悩みが生じます。

 

たとえそうなったとしても
決して一人で問題を抱え込まないようにして、
家族や医師による協力やサポートで、
前向きな治療を続けていくことが重要です。

 

そのためにも周りとの良好な関係づくりが大切です。

 

信頼できる主治医を見つけて、
安心して治療を続けられるようにしましょう。

私が実践している治療法です



自宅で効果的なケアを行っていく事ができ、
治療院と同じような効果が期待できます。

⇒ 薬に依存せず自然に和らげる方法