パーキンソン病 遺伝

パーキンソン病って遺伝なの?

 

パーキンソン病の患者さんのうち、
およそ5%から10%くらいが、
両親からの遺伝によると言われています。

 

その場合、家族性パーキンソン病となります。

 

20代と若くから発症するケースが多いのですが
そのほとんどの患者さんには治療薬が効果的と
されています。

 

ですのでまずは早期発見が一番になります。

 

診断された場合は医師の指示に従って
治療を進めていきましょう。

 

家族性のパーキンソン病ですが、
複数のタイプがあります。

 

発症は優性と劣性に分けることができます。

 

父親と母親の両方がパーキンソン病を発症させるような
遺伝子の変異を持っていなければ発症しない劣性遺伝と
片方のみでよい優性遺伝です。

 

必ず発症するわけではない

 

発症の原因が遺伝子にあるケースが
家族性パーキンソン病と呼ばれますが
患者全体の1割もありません。

 

家族性パーキンソン病は遺伝子が関与して発症しますが、
病気の遺伝子を保有している可能性がある場合でも
必ず発症するわけではありません。

私が実践している治療法です



自宅で効果的なケアを行っていく事ができ、
治療院と同じような効果が期待できます。

⇒ 薬に依存せず自然に和らげる方法