パーキンソン病 検査

パーキンソン病の検査をする理由

 

病院で診察を行い
パーキンソン病と疑われた場合には、

 

パーキンソン病とよく似た症状ではないか?
他の病気が隠れていないか?

 

を確かめるために、
検査をしっかりと行いましょう。

 

検査項目は以下の2つです。

 

血液検査・髄液検査

 

まずは血液や髄液を採取して、
異常がないかきちんと検査してもらいましょう。

 

ここで異常がなければ、
パーキンソン病の可能性があります。

 

脳画像検査

 

脳の断面の写真を撮影してもらい、
脳梗塞や脳腫瘍、
他のパーキンソン症状を生ずる脳疾患がないことを
診てもらいましょう。

 

問題がなければ、
パーキンソン病の可能性が高くなります。

 

画像検査はCTとMRIの2種類あります。

 

この2つの検査で異常がみつかった場合は
他の病気の可能性があります。

私が実践している治療法です



自宅で効果的なケアを行っていく事ができ、
治療院と同じような効果が期待できます。

⇒ 薬に依存せず自然に和らげる方法