若年性パーキンソン病

若年性パーキンソン病との違い

 

パーキンソン病は50〜60代で発症することが多いそうです。

 

しかし20代で発症する患者さんもいます。

 

そして40歳以下で発症した場合を若年性パーキンソン病と呼びます。

 

私の母がそうでした。

 

マイケル・J・フォックスもパーキンソン病だった

 

アメリカの人気俳優のマイケル・J・フォックスさん。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーの主役として大人気となった人
と言ったほうがわかるかもしれませんね。

 

わずか30歳という若さでパーキンソン病を発症してしまったそうです。

 

薬物療法と外科手術によって
闘病生活を続けながら俳優としても活躍していたので
知っている方も多いみたいです。

 

ですが38歳のときに俳優をいったん休業して、
治療に専念しながら著書も執筆していくことに。

 

その後、バンクーバーオリンピックで元気な姿を
閉会式で見せてくれました。

 

その時の姿は同じパーキンソン病の人達を勇気付けました。

 

そして、テレビドラマへの主演で
本格的に復帰することが発表されました。

 

若年性パーキンソン病の患者さんには

 

Lードーパという薬が効果的とされています。

 

これは脳の中でドーパミンになるお薬です。

 

症状の改善が期待できるので、
たとえ若いうちにパーキンソン病と診断されても
落ち込まないでください。

 

絶対に諦めないでください。

 

医師のもとで適切な治療を続け、
さらに新しい治療法が開発されるまで
良いコンディションを保っておくことも重要です。

私が実践している治療法です



自宅で効果的なケアを行っていく事ができ、
治療院と同じような効果が期待できます。

⇒ 薬に依存せず自然に和らげる方法